世界一のスケールを誇るイグアスの滝へ行って来ました。
暑い暑いブラジルの初夏11月。大地7ヶ月。


イグアスの滝上空より

でかいっ!でかい、でかい、でかい!!
もう何も言えない・・・。
これは行ってみるしかないだろう。
ナイヤガラの滝が女性的な滝とすればイグアスは男性的な滝。
水量、流れ、泥水・・・どれをとっても何が何かわからないくらいすごいっ!
南米ってすごい・・・。地球ってすごい・・・。

1日目はブラジル側から滝をみる。滝を右手に遊歩道をひたすら歩く。
夏でも乾燥しているこの国だが、滝周辺は湿気がすごい。とにかく暑い。
今回「悪魔ののどぶえ」と言われる大滝は大量の水のため橋が壊れて
いくことができなかった。残念!!

イグアスの滝ブラジル側


2日目はアルゼンチン側からの滝を見る。
滝を下に見るコース。ここもひたすら歩く。でも足下に滝がものすごい勢いで
流れているため、緊張するせいかブラジル側より距離を感じなかった。
約2時間ほどのコース。
イグアスの滝アルゼンチン側

イタイプー発電所という世界一の水力発電所を見学。
ブラジルとパラグアイ間にあり、どこの国にも属さない?不思議なダム。
厳重なチェックがあり、特定の観光バスのみでしか観光できない。
ダムから流れる水

アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3国国境点。
ただ記念碑がたてられただけの場所だがここから他の2国を見渡せる。
数件のおみやげやさんがあり、石やカラフルな紐で編んだバックなど置いている。

3国 国境点


ホテル
今回泊まりたかったピンクの建物のホテルダス・カタラスが満室で4つ星ホテルのカリマンで泊まる。
客室はまぁまぁ・・・バスタブはなく、シャワー室のみで、少し古い感じ。
クーラーは音が大きいがあまり効きはよくないように思えた。
しかし広い庭やプールがあり、レストランもウェイターさんなどは親切で食事もバイキング式でなかなか美味しかった。
子供連れの私たちはレストランの開く7時少し前からテーブルに陣取り、子供が騒ぐのでパンだけ先にもらえないかというずうずうしい要求をしたのにもかかわらず、いやな顔ひとつせず、たくさんのパンをもってきてくれた。
ブラジルは子供にとても親切で寛大な国である。(といつも感じる)