世界的な観光都市リオ。
カーニバル、サンバ・・・リオ!!
残念ながらカーニバルの期間ではなかったが、10月・・・大地6ヶ月を連れてのワクワク旅行出発!!

朝4時に起きてカンピナスへ。お友達のHAYASHIファミリーと合流してカンピナス空港へ。
国内線のバリグ航空でリオへ飛ぶ。今回はガイドをお願いしての1泊2日の旅。

コルコバードの丘

登山電車にのって頂上へ登ると巨大なキリスト像が。
ブラジル独立100年記念に建設されたらしいこの像。大きく手を広げ、すらっとしたとてもハンサムなキリスト様。

絵葉書より

マラカナンサッカー場

世界一大きいサッカー場。サッカーファンなら一度は行ってみたい所なんだろうなぁ〜。
実際サッカーファンでない私でもこの大きさには圧倒されてしまった・・・。
観客の暴動なんて日常茶飯事のこの国のこのグランドでの応援はすごいんだろーなー
と想像するだけで胸がワクワクした。

メトロポリタン聖堂

頂上部を切り取った円錐系の建物。
中にはいると4方向から天井までのびたカラフルなステンドグラス。
とても美しかった。

パウン・ジ・アスーカル

砂糖パンという意味。パンのような美味しそうな小高い丘の頂上にケーブルカーでわたる。
ここからパノラマでリオの街並みを見渡せる。
標高は400m弱だが風がきつく、美しい景色と一緒に写真を撮っても
髪の毛などがボサボサになり、いまいちな写真ができあがる・・・。

イパネマ海岸

ボサノバの名曲「イパネマの娘」で名前を知る海岸。
この海岸は高級住宅街で、少しお金持ち?のカリオカ(リオっ子)のくる海岸だとか。
私たちはここを車で通り過ぎただけ・・・。

コパカバーナ海岸

♪コパカバーナ〜コパカバーナ〜♪と思わず歌を口ずさみたくなるコパカバーナ海岸!
世界中の観光客や大胆な水着のカリオカ達でにぎわっているとっても活気のある海岸。
若かろうが、歳とってようが、ふとってようが、やせてようが、ほとんどみんなビキニ!
ここまで堂々としているとかっこいい・・・。
息子は生まれて初めての海がコパカバーナ・・・なんて贅沢な奴なんだ!!
泊まったホテルからこの海岸が見えていたが、夜遅くまで浜辺で若者がビーチバレーやサッカーなどを楽しんでいた

ショッピング

ブラジルといえば宝石。リオといえばアガスティーン(H.Stern)!?
世界で5本の指にはいるという宝石店。(横浜にも支店があるらしい)
本社で制作の行程を見学。日本語の説明つきのイヤホンで宝石ができるまでをじっくり見学。
その後は商談室のような所へ。買わなくてもいいらしいが、やっぱり見てしまうと欲しくなる!!
ブラジルの代表的なエメラルド、アクアマリンなど・・・大きくて美しい輝きのモノがずら〜り。
それにはちょっと手がでなかったので、日本の友達のおみやげ用としてブルートパーズやアメジストを購入。
自分用にインペリアルトパーズを、コーヒー豆のトップを子供への記念として購入。光り物はいつまで見てても飽きないねぇ〜。
H.Sternの社長のコレクションのトルマリン(ほんの1部)

ホテル

5つ星メリージェンホテルで泊まった。
さっすが〜5つ星。宝石店をはじめお店やさんも数件はいり、ホテルは近代的な感じ。
プールも綺麗で、タオルなどはルームキーをみせると何枚でも貸してくれる。
夕食は子供が小さかったのでゆっくりと取ろうと言うことでルームサービスにしてみた。
味は・・・まぁまぁ。ブラジルにしては少々うす味だったような。
文句なしの素敵なホテルでした。

ホテルのルームサービス

リオの感想

ブラジルの中でもサンパウロの人はリオは治安が悪くて恐ろしい場所だといい、リオの人は
サンパウロほど治安の悪いところはないというらしい。
でも夜出歩かなかったからかもしれないが、リオで怖いという感じはまったくしなかった。
綺麗でオシャレで活動的なリオにもう一度ゆっくり行ってみたいと思わせる都市だった。
次来たときはカーニバルを見てみたいな〜。