私の職場の友達が、旦那様の仕事でカナダトロントで暮らしていた。
育児に疲れ、ブラジルでのスーパーの往復のみの生活にもいやけがさしていた頃・・・大地5ヶ月。
日本に帰るには遠すぎる・・・そしたらカナダへ行くことで里帰りはがまんしたる!?
と訳のわからない理屈を並べカナダへの旅を計画した。

出国への道のり

9月13日夜。サンパウロ空港。
もう数時間後には飛行機でとびたっているんだなぁとワクワクしていた。
チケットカウンターへむかい、サンパウロの旅行会社で手配してもらった航空券とパスポートを渡した。
「ぺらぺらぺら〜」
(訳:TetsuroとAkiはカナダへ入国できるがDaichiは入国できない!)
????
なっなんと息子はその時ブラジル国のパスポートしかもっていなかった。
ブラジル人はカナダ入国にビザが必要だったのだーーー。
ええっー!!旅行会社に手配してもらったけど、何もいってなかったぞー!
・・・日本の旅行会社のように1から10まで気が付いてやってくれるはずがない・・・ここはブラジルなんだ。
同じ家族なのに日本国籍持ってるとビザなしでよくて、ブラジル国籍だとビザがいるなんてなんかへんじゃない?
・・・でもそんな声カナダまでは届かなかった・・・私たちはブラジルにまだいた。

なんとか気をとりなおし、タクシーを手配し、リメイラまでの180kmを戻る。
気分は冬の日本海の底のように暗くつめたかった・・・。

2日後朝早く、夫は長距離バスにのってサンパウロ大使館へ向かう。
なんとか1日でビザをゲット!
午後3時にビザがとれたと電話があり、私と息子は4時半に家を出てサンパウロ空港へむかった。

いよいよ出国!?

9月15日。私たちはまたチケットカウンターにやってきた。
今度はワクワクしていなかった。「最後まで何があるかわからない」そう思って立っていた。
ヤッター。9時35分ブラジル脱出成功!!
私たちはやっと念願の出国口を通り抜けることができたのだった。

カナダ・・・トロント

トロント空港へは友達(kanaeちゃん)が迎えにきてくれていた。
車を走らせて数十分のkanaeちゃんの家へむかう。
トロントのは本当に美しい都市だった・・・。
高速道路から見える近代的な建物が白く輝いていた。
緑と都市がうまく調和して美しい世界をつくっていた。

カナディアンライフ

さぁて、カナディアンライフを楽しもう!・・・と言っても5ヶ月の息子つき。
何ができるわけでもない。
Kanaeちゃんの家の近くのモールやスーパーにいったりしてのんびりショッピングなどを楽しむことにした。
でもやっぱりトロントに来たらナイヤガラの滝!!
ちょうど晴天の日に虹のかかる滝を見ることができた。


ナイヤガラの滝

美しく、美しく・・・美しい。
青空、白い水、その上に浮かぶボート、そして虹。
日本の暗い山の割れ目から落ちる滝しか見たことのない私は、こんなにも美しい滝があるのかぁぁぁぁ〜・・・感動した。
広くて明るくてさわやかな滝・・・ナイヤガラのカナダ滝でした。

裏の洞窟からの滝も楽しむ。黄色い雨ガッパで武装しエレベーターへ乗り込む。びちょびちょになりながら滝を満喫した。

帰り道にファームにより、ジャムやチーズなどのおみやげを買い込んでKanae宅へ戻った。

トロントのダウンタウン

夫だけダウンタウンへ観光へ出かけました。
とても綺麗な街だったそうです。
どこへいっても芝生が整備されて美しかったのには驚いていました。

お買い物

カナダへ来て一番うれしかったのがショッピング。
ブラジルではなかなか手に入らないものがたくさんあって、ついつい衝動買いが多くなってしまいました。
トイザラスへも行って来ました。
ブラジルはまだ輸入品が高く(約2倍ほど)、日本ではおなじみのおもちゃもなかなか手に入れられません。
トロントのトイザラスは日本のトイザラスとほぼ同じような感じでした。値段も。
安いA型ベビーカー、レゴのブロック、フィッシャープライスの型あきBOX、手押し車など購入。
カラフルなディズニーのビニールボールが子供にはお気に入りだったみたい。

ユニオンヒルのディスプレイ

食事

夕食はほとんどKanaeちゃんの手作り夕食で、とーーっても美味しかった。
でもトロントの食事(外食)はあんがいいけました。
中国からの移民が多い街だそうで、中華料理もなかなか。
モールの中のファーストフードでクレープを食べたけど、サラダなどをはさんでとってもヘルシーで味もよかった。
最後の夜はKanaeちゃん宅でロブスター。
大きくて真っ赤っかのロブスター・・・あ〜美味しかった・・・。