ラート情報誌「わっ」

春 号 20002.6.10

ラート協会オフィシャルホームページ
  http://www.rhoenrad.jp
目次

 e-mail office@rhoenrad.jp

世界チームカップのポスター
モデル:赤嶺綾乃さん
上の写真をクリックすると拡大 

第1回世界チームカップ・ラート選手権大会の結果報告!

        筑波大学体育科学系 本谷 聡

 先日3月23日に、初めての世界チームカップ・ラート選手権大会(1.World Team Cup in Wheel Gymnastics)がドイツのリンパー市(Rimpar)にあるドライファッハツゥルンハーレ体育館(Dreifachturnhalle)で開催されました。この大会には、2001年スイス・リースタル市(Listal)で開催された第4回世界ラート競技選手権大会の団体戦で上位の成績を収めた4カ国(ドイツ・ノルウェー、日本、スイス)と、その他の国の選手で構成されたオールスターチームの5チームが招待されました。日本チームとして、4名の選手(以下参照)が出場し,大塚隆先生が国際審判員を務めました。その結果、日本代表チームは大活躍をして、ラート発祥の地ドイツに次いで銀メダルを獲得するという快挙を成し遂げました。
国別最終順位

順位

得点

1

ドイツ

51.95

2

日本

48.05

3

ノルウェー

46.70

4

オールスター

44.80

5

スイス

43.65
日本代表チームの成績    

選手

種目

得点

本谷 聡

斜転

8.40

本谷 聡

跳び越し

8.40

檜皮貴子

直転

8.20

檜皮貴子

跳び越し

8.10

若山厚子

直転

7.90

本谷 聡

直転

7.05

西井陽平

斜転

6.35
★ 大塚 隆(東海大学開発工学部講師)国際審判員
★ 本谷 聡(筑波大学体育科学系講師)担当種目:直転、斜転、跳び越し
★ 若山厚子(つくば看護専門学校3年次)担当種目:直転

★ 西井陽平(東芝システムエンジニアリング)担当種目:斜転

★ 檜皮貴子(筑波大学体育専門学群4年次)担当種目:直転、跳び越し

シルクオーケストラ出演者アントワーヌ君への訪問

西井英理子

3月16日に渋谷オーチャードホールにてオーケストラの演奏に合わせたサーカスの公演があり、その中でラートを使った演出で活躍されていた役者アントワーヌ・カラビニエレピンヌ君(Antine Carabinier L'ebine)へ、協会理事安西先生のご尽力により、公演後に訪問して交流することができました。

4月28日-30日筑波大学にてラート講習会が行われました。その様子は以下にてご覧下さい。

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~haseg/photos/rad0204/webpage.htm

講習会に参加して   新潟大学 山木栄美

 普段、なかなかラートの練習を出来ない私にとって、ラート三昧の3日間はとても幸せでした。ラートの魅力に取り付かれて約3年、講習会後の筋肉痛も慣れたものとなりました。

 毎回、新しいことを覚え、新潟に戻った時に自分達だけで出来るようにして帰ることを目標としていますが、なかなか上手くいきません。人に教えるのってムズカシイ。めげずにケガのないように仲間と協力して練習していきたいと思います。

講習会に参加して 順天堂大学 今榮寛美

 私は今回初めて講習会に参加したわけですが、分からないことを誰に訊いたらいいのか(指導者は誰なのか)がはっきりしていないのではないか。実際に自分の様子を鏡で見ながら練習できたほうがいいのではないか。と感じました。しかし全体の雰囲気としては堅苦しくなく、楽しく講習を受けることができました。できるならば次回も参加したいと思います。

事務局より

世界チームカップのビデオ販売について

1本1,000円 + 送料 (1本の場合270円)

編集後記
昨晩のワールドカップ初勝利に興奮状態。夏の陽射しを感じる頃に春号となってすみません。ラートチーム選手権での日本チーム大活躍に乾杯。夏号は早めにお届けします。ラートに関する情報があれば、gggball@mac.com までお願いします。  長谷川 聖修