ラート情報誌「わっ」第3 巻
冬 号
2002.12.30

ラート協会オフィシャルホームページ
 http://www.rhoenrad.jp   
 e-mail office@rhoenrad.jp

目次

第8回全日本ラート競技選手権大会

世界選手権へ向けての抱負

大会photos

事務局便り 

編集後記

第8回全日本ラート競技選手権大会        

 11月9日(土)10(日)静岡県沼津市東海大学開発工学部において第8回全日本ラート競技選手権大会が開催されました。日本全国からラートをこよなく愛する68名の選手達が駿河湾を一望する開発工学部体育館に集まり、ラートの妙技を披露。本大会は、来年5月ノルウェーで開催される世界選手権大会出場の選考を兼ねていることから、各選手ともその座の獲得を目指して熱い戦いが演じられました。

 試合結果の詳細は、http://www.rhoenrad.jp/compe_index8.htmに掲載されています。

 見事に日本代表の座を獲得しました選手のみなさんから、世界大会へ向けて意気込みをお伝えします。

世界選手権へ向けての抱負

 
目指せ!金メダル!

本谷 聡(筑波大学)

 気がつけば7年前の第1回世界大会(オランダ)より連続出場している選手はとうとう私ひとりになってしまいました。寂しいことでもあり、名誉なことだと感じています。前回の世界大会(スイス)では自分の調子も良くまた運も味方し個人では2回、団体戦1回表彰台に立つことができたことが印象的で、その時の様子を今現在でも鮮明に思い返すことができます。特に跳び越しで銀メダルを獲得したことは私の忘れることの出来ない一生の思い出となりました。次回のノルウェー大会では、前回以上の成績を収めることができるように挑戦したいと考えています。ともに戦いましょう!

自信の持てる演技で挑戦

松本 陽一(株式会社東京めいらく)

 今回の大会は社会人になって初めての大会になり、学生の時よりも練習量が減りましたが、良い結果が出せました。今回の演技は飛び越し以外、去年とほとんど一緒で、成功率を上げ、去年の反省が活かされたと思います。そしてなりより、一番良かったのはアオエロバッハ宙返りを大会で成功させたことです。練習でバッハを完成させるまではかなりの勇気がいり、恐怖との戦いでもありました。また、補助をお願い人はほとんどバッハ補助をやったことがない方々だったので、かなりひやひやさせて迷惑をかけさせてしまったかと思います。(多分自分だったら断るかも・・)正直、自分の身の程知らずのやりたがりには病的なものを感じます。良い言い方をすればラートに対する思いは誰にも負けたくない!・・かな!?
 来年の世界大会は今回の大会の演技より更に磨きを掛け、自分の自信の持てる演技で挑んでいきたいです。
リレハンメルで表彰台を、日本人で独占したいですね!

決まるのではなく
決めてきます!

吉川 泰昭(琉球大学体操部4年)

 みなさん お元気ですか?
 僕は、相変わらずいつものように楽しみながらラートと戯れてます。
こんなすばらしいスポーツに出会えて、本当によかったです。
また、ラートの面白さを教えてくださった本村先生 いつもぼくを支えてくれる琉大のみんな 大会でわくわくする演技を見せてくれる皆さん 大会の運営をしてくださる方々 本当にありがとうございます。
 ノルゥエーでは、この感謝の気持ちを全力で表現します。
 楽しいラート わくわくするラート 魅せるラート
 決まるのではなく 決めてきます。 ここで皆さんに約束します。
 世界の頂上登り切ります。

 世界大会で学ぼう

若山 厚子(つくば看護専門学校) 

全日本大会、かなりレベル上がりましたね。特に講習会などで関わった方が大会でがんばっている姿を見ると親のように嬉しくなります。 世界大会でも各国のレベルアップが予想されますが、日本選手がたくさん表彰台の上の方に立てると良いし、その力もあると思います。また、いろいろな選手の技や動きをみて、日本に持って帰ってこようと思いますのでお楽しみに。

Daisuke Mori 

森 大輔(筑波大学体操部4年)

 行くからにはただ行くだけでなく、「Daisuke Mori」を少しでも発信できるように、そしていままでの多くの仲間との練習、ラトパフォーマンス創作、大会、講習会などを通じて得たラートへの強い思いを胸にがんばりたいと思います。

応援よろしくお願いします

沖田 祐蔵(筑波大学大学院2年)

 今回の大会は体調も万全ではなかったですが、運良く代表になることができて幸せです。
皆さんの分までとはいかないまでも、自分なりにできるだけのことをやってみたいと思います。
応援よろしくお願いします。

 DO MY BEST

国広 なおみ(筑波大学大学院1年)

 「最初で最後の試合」、「やりたいことだけやって去る」。
 そう思って今大会に望みました。それだけでした。4年間、頑なにレオタード姿になることを拒み続け、大会にも出場しませんでした。これから先もレオタード姿になるつもりはありませんでした。とにかく「最初で最後」。そう思っていたのですが・・・世界選手権代表メンバーという予想外の結果。
 とまどっている、というのが現在の正直な気持ちです。けれど、みんなと一緒に頑張ってみたいと思います。ほとんどゼロからのスタートで大変だと思いますが(来年は修士論文もありますし
(;_;))、「DO MY BEST!」精神でやっていきたいと思います。
ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。m(_ _)m

「自分らしい」演技

檜皮 貴子(筑波大学体操部4年)

世界選手権に出場できることになった今、私はやっとスタートラインに立てた思いがしています。前回は出場することに意義がありましたが、今回はそうではなく、より上にいくことを目標として練習をしていきます。2年前にはただ「すごい!」と思っていた人たちに少しでも近づくため、そしてエリートキャンプで指導してくださった方たちへのお礼の意味をこめ、本番では2年間で培った「自分らしい」演技をしたいと思います。

ひるまずに思い切り

深瀬 友香子(筑波大学体操部4年)  

私は2年前,自ら世界選手権出場のチャンスを手放し,ラートと少し距離をおいてました。前回世界選手権にでなかったことはまったく後悔していませんが,自分がまたラートをやりたいなと思うようになってからは,世界選手権にでてみたいという気持ちが募ってきました。なので今回,世界選手権に出場する権利をいただけて,とってもうれしいです。今回が世界大会初出場となるわけですが,私は,初めからそんなにうまくいくとは思っていません。多くは望まず,失敗してもいいからひるまずに思い切り自分の演技をしたいです。不安はとってもいっぱいあるのですが,世界選手権が楽しみです。

 

世界選手権に向けて

平倉 朝映子(筑波大学体操部2年)

今回はじめて世界選手権という大舞台に出ることになりました。うれしさの反面、正直言って、今のところ楽しみよりも不安のほうが何倍も大きいです。でも自分を成長させるいい機会だと思っています。只今はじめての曲つきの直転に悪戦苦闘中…これからが大変になってくるとは思いますが、自分のよさをアピールできるような演技ができるようにがんばりたいと思います。

ジュニア部門の日本代表として

吉田 望(玉川聖学院高等部3年)

 今回の大会は高校生としての最後の大会であり世界大会選考会も兼ねているということで過去二回に出場した大会とは違う緊張感でのぞみました。納得した演技はできませんでしたが、次の大会に向けての課題が明確になってきた気がします。世界大会に向けて一つ一つの自分の課題に取り組んで、悔いの残らない演技をするために努力をし、これからもラートを楽しんでいきたいと思います。
 今回の世界大会、ジュニア部門の日本代表選手は私一人ですが次回からも引き続いてジュニアの選手が出ることを願います。

 ラートを初めて早、四年目。私がここまで成長できたのも神様の導きと多くの人々の励ましと支えがあったからです。感謝します。ありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願いします。
赤嶺 明乃(琉球大学体操部4年)

野口 陽平(琉球大学体操部2年)

目次に戻る

事務局便り 日本ラート協会より

1.復活!ラートスキー&スノボー

◎ゲレンデ 苗場スキー場

◎日程  2月22日(土)から25日(火)3泊4日

*1日だけの参加や途中参加もOKです。

◎宿泊先 ブルーリッジ キャビン
     (ゲレンデまで徒歩5分ぐらい)

◎金額(1泊2食付)

     22日(土)9000円
     23日(日)6300円
     24日(月)6300円

◎申し込み締め切り 1月20日

◎申し込み方法 何日から何日まで(宿泊日)を、事務局西井まで電話またはFAXまたはemailでお申し込みください。

*なお、このスキー&スノボーの企画は、ラート会員の押田君が協力してくれています。たくさんの参加を期待しています。

2.世界大会の応援(観戦)募集

◎大会名 第5回世界ラート競技選手権大会

◎場所 ノルウェー リレハンメル

◎日程 2003年5月27日から6月1日

◎金額 20万円程度

◎申し込み締め切り 1月20日

◎申し込み方法 事務局西井まで電話またはFAXまたはemailでお申し込みください。

3.2002年度第8回全日本ラート競技選手権大会ビデオの販売

◎販売価格 1本 1200円 + 送料270円 = 合計1470円

◎申し込み方法 事務局西井まで電話またはFAXまたはemailでお申し込みください。

4.2002年第8回全日本ラート競技選手権大会記念Tシャツの販売

一枚 2100円 + 送料(宅急便で着払いで送らせていただきます)

L2枚、M3枚しか残っていませんが購入希望の方は事務局までご連絡ください。

販売は先着順といたしますのでお早めにご連絡ください。

 住所:〒187-0023
 東京都小平市上水新町2-27-30
 電話&FAX:042-349-2024
 E-mailアドレス:
office@rhoenrad.jp

大会photos
写真をクリックすると拡大します。 

大会前夜
レセプション
開発工学部
上村学部長挨拶


全国からラート仲間が集まって


次回は保育所が
必要かも

 

日頃の練習の成果を
披露


ルパン3世の音楽に合わせた 楽しいラートパフォーマンス by 東海大学

 


表彰式


閉会式


全員集合

編集後記

 いつも通り発刊が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。なんとか年内中にお届けすることができました。世界大会の出場者には、忙しい中、原稿をいただき有り難うございました。

 近年日本におけるラート技術は、年々レベルアップしてきました。とても喜ばしいことではありますが、難度の向上とともに落下などによる傷害の危険度も高まってきたということも現実です。
 とくに、跳び越し種目はとても危険です。補助も難しく、間違えれば、取り返しのつかない事故も起きかねません。今回の全日本選手権大会では練習不足のままアオエロバッハを試みて、ヒヤリとさせられたり、2回宙返りをしようとして試技の段階で取りやめになるなど、無謀ともいえる姿勢は反省を要します(自分のところの学生ばかりで恥ずかしい限り)。
 万が一にも大きな怪我をすれば、その選手自身が痛い思いをするだけでなく、
ラートというスポーツの普及にも致命傷を負わせることになることをぜひ考えてもらいたいと思います。
 そのためには、技術段階に応じた練習課題の設定や安全な補助法の習得など、今後、協会としても安全にラートを楽しむための指針を早急に検討したいとおもいます。しかし、何よりも選手のひとりひとりが、
自分の身は責任を持って自分で守るという意識を高めることが不可欠です。楽しいことと危ないことは表裏一体、常に危険に対する意識を強く持って練習にあたって下さい

 年末に前宙で落下して首を痛め、大学病院の集中治療室に入った体操競技部の学生を見舞いました。幸い、なんとか回復の様子ですが、私たちラート仲間も改めて気をつけなければならないと痛感しました。

 まもなく2002年も終わろうとしています。来年は、いよいよ世界大会。堅実な演技で日本選手が飛躍の年となることを祈ります。
よい年をお迎え下さい。

         (Nao Hase)

 目次に戻る
ラート協会オフィシャルホームページ http://www.rhoenrad.jp      office@rhoenrad.jp
最終修正日: 02.12.29