PASI

(パッシー; Personal Adaptive Synthesizerとは、

持ち主の好みや環境に適応して進化する、『音楽・夢シンセサイザー』

中にはFPGAと進化エンジン(遺伝的プログラミング)が入っていて、
脳の透過特性を学習し、音楽と夢みる脳のモデルを進化させます。
もちろん、架空のハイテクです(図の赤い部分がフィクション)。

しかし、FPGAでシンセを試作することは、
現実のFPGA応用研究として面白いものです。
 


 
 

PASIのヒントは、サミュエル・ディレイニーのSF『ノヴァ』
にでてくる「センソリ-・シリンクス」からも頂きました。
センソリー・シリンクスはホログラム・ビームで観客を幻惑し、
武器にもなる超楽器です。絵に描くと、こんなものか。