海外対応DVDプレイヤーを購入

2003年10月23日

海外で購入したDVDは一般に、日本国内で販売されているDVDプレイヤーでは再生が出来ません。ビデオテープの時は、NTSC(日本、アメリカ、韓国等)とPAL(欧州)の違いに気をつければ良いだけでしたが(まれにSECAMもありますが)、DVDとなるとこれに地域(リージョン)コードが加わります。例えば日本、アメリカ、韓国はともに映像方式として「NTSC」を採用していますが、アメリカは地域コードが1、韓国は3、これに対して日本は地域コード2なので、ビデオテープは問題なく互換性があったにも関わらず、DVDには互換性がないのです。一方欧州の地域コードは日本と同様2なのですが、映像方式が「PAL」なので、DVDはもちろんビデオテープにも互換性がありません。うわさではソニーのプレイステーションはソフトのバグで、地域コードが2以外のDVDが再生できちゃうそうですが、私は確認しておりません。またDVDドライブを有するパソコンでは、地域コードの変更ができますが、回数が「5回」に限定されるそうです。うっかり5回目の変更で2以外の地域コードにすると、日本のDVDが二度と見られなくなってしまいます。ただしパソコンはNTSC、PALどちらでも再生可能ですから、欧州のDVD(PALでRegion-2)は日本のパソコン(Region-2対応)でも問題なく再生が出来ます。私も以前スペインで購入したDVDをパソコンで再生して楽しんだりしておりました。

   
(左)日本(NTSC, Region-2)、(中)韓国(NTSC, Region-3)、(右)スペイン(PAL, Region-2)

 ところが、先日韓国(釜山)に出張した際、ペ・ヨンジュン狂いの愚妻から「フユソナ」(冬のソナタ)の韓国版オリジナルDVDセットの購入を頼まれて、買ってきました。何でも日本語吹き替え版フユソナはかなりのシーンがカットされているらしく、ペ様のお姿を全て見る為にはオリジナルDVDを見るしかないのだそうです。実は韓国の地域コードをよく把握していなかったので、「韓国は日本同様NTSCだから多分大丈夫じゃろう」と軽く考えて買ってしまいましたが、我が家のDVDプレーヤーで再生しようとしたら「リージョンが違います」のメッセージがでて、マッツァオになってしまいました。確かにパッケージをよく見るとRegion-3でした。
 そこで急きょ、海外DVDの再生が可能なプレーヤーを探すことにしましたが、普通の家電販売店では扱っていないようです。インターネットで探した結果、価格約1万6千円で、地域コードが自由に変えられ(自動認識ではありませんが)、NTSC/PALに自動対応する、「LASONIC: DVB-8092」というのを見つけました。聞いたことのないメーカーでやや心配もありましたが、セブン・イレブン系列のセブン・ドリーム・ドットコムで扱っていたので、思いきって注文してみました。10月18日にネットで注文、支払い法は最寄りのセブン・イレブンでの代金引換えを選びました。10月22日のメールで、10月23日朝七時には受け取り可能との連絡があり、昼休みにとりにいってきました。
 その日の夜、テレビにつないで試してみました。地域コードの切り替え法は極めて簡単ですが、リモコンからしかできないようなので、リモコンをなくすと大変です。とりあえず韓国版フユソナを見る為に、地域コードを3に切り替えてみたところ、しっかりと再生されて愚妻もご機嫌でした。画質も我々素人目には十分です。

 と言うわけで一件落着!

と思ったのですが、一つ問題があり、パソコンでは再生できたスペインのDVD「La Nina de Tus Ojos」 が、DVB-8092では再生できませんでした。DVDディスクとして認識されないようです。これについてはもう少しやってみてから結果を述べたいと思います。

追記(11月8日):米国出張の際購入したDVDは、リージョン1の設定で問題なく再生できました。