司祭からのメッセージ 2019年3月

「四旬節」(しじゅんせつ)

今年(ことし)の復活祭(ふっかつさい)は、遅(おそ)い方なので、3月に入ってから「四旬節(しじゅんせつ)」が始(はじ)まります。復活祭(ふっかつさい)は、春分(しゅんぶん)の日の後の満月(まんげつ)の次の日曜日(にちようび)ですので、毎年(まいとし)日付(ひづけ)が変(か)わります。 今年(ことし)は、4月21日です。「四旬節(しじゅんせつ)」は、復活祭(ふっかつさい)からさかのぼって日曜日(にちようび)を除(のぞ)く40日目の水曜日(すいようび)から始(はじ)まります。その水曜日(すいようび)は、「灰(はい)の水曜日(すいようび)」と呼(よ)ばれます。 ですから、「四旬節(しじゅんせつ)」の始(はじ)まりは、年によって、約1ケ月の幅(はば)が出てきます。今年の「四旬節(しじゅんせつ)」は、3月6日から始まります。

「四旬節(しじゅんせつ)」は、洗礼(せんれい)の準備期間(じゅんびきかん)としてはじめられました。イエス様が、砂漠(さばく)で40日間断食(だんじき)されたことに倣(なら)い、40日間の祈(いの)りと節制(せっせい)をする期間(きかん)です。 現在(げんざい)は、それとともに、既(すで)に洗礼(せんれい)を受けた方々も洗礼(せんれい)を受けたときの志(こころざし)を新(あら)たにする意味(いみ)を込(こ)めて、教会全体(きょうかいぜんたい)で行われるようになりました。

この期間(きかん)に節制(せっせい)が求められるのは、それだけ私たち人間(にんげん)には深(ふか)い欲望(よくぼう)があるからかな、と考えさせられます。

今年(ことし)の四旬節(しじゅんせつ)を通して、神様(かみさま)との関(かか)わりがより深(ふか)まりますよう祈りたいと思います。

つくば教会担当司祭 山田 宣明(やまだ のりあき)