work

研究業績一覧

著書

  1. 宮地 力:Macintoshインターネット入門,アジソンウェスレー・パブリッシャーズ・ジャパン,東京,pp.1-296,1993.
  2. 宮地 力:Mathematicaによるネットワークプログラミング,岩波コンピュータサイエンス,岩波書店,東京,pp.1-412,1998.
  3. Chikara Miyaji and Paul Abbott: MathLink : Network Programming with Mathematica, Cambridge University Press, pp.1-243, 2001
  4. 宮地 力 :私のおすすめソフト, 岩波アクティブ新書編集部編(分担執筆),岩波書店, pp.167-176, 2002

学術論文,予稿集など

  1. 宮地 力:和弓の力学的特性に関する一考察,東京体育学研究 7:49-53,1980.
  2. 宮地 力,小林一敏:バドミントンのシャトルの空気抵抗に関する力学的一考察,東京体育学研究 8:109-113,1981.
  3. 宮地 力,小林一敏,中田 了:走運動における身体のねじれに関する力学的一考察,東京体育学研究 9:31-35,1982.
  4. 小林一敏,前田 寛,宮地 力,浅井 武,中田 了:全天候型テニスコ−トの力学的特性に関する一考察,筑波大学体育科学系紀要 5:95-103,1982.
  5. 宮地 力,神田英治,小林一敏,伊藤忠一:音響誘導による視覚障害児の歩行・走運動,国立特殊教育総合研究所紀要 10:95-103,1982.
  6. 宮地 力,小林一敏,大島義晴:着地動作についての力学的一考察,日本バイオメカニクス学会編,身体運動の科学4「スポーツのバイオメカニクス」,pp.283-292,1983.
  7. 加賀 勝,小林一敏,宮地 力:矢の貫徹力についての力学的考察,東京体育学研究 10:71-73,1983.
  8. 宮地 力,小林一敏,末吉靖宏:バレ−ボ−ルの揚力係数に関する力学的考察,東京体育学研究 11:147-150,1984.
  9. 宮地 力:2階微分フィルタ−による加速度の算出法,筑波大学体育科学系紀要 8:37-46,1985.
  10. 宮地 力:関節中心に関する力学的検討,筑波大学体育科学系紀要 9:221-228,1986.
  11. 宮地 力,小林一敏:オールウェザーコートとクレーコートでのテニスプレー中にかかる身体衝撃の比較,日本バイオメカニクス学会編,第8回日本バイオメカニクス学会大会論文集'86,pp.165-168,1986.
  12. 宮地 力:バイオメカニクスの分析に適した汎用グラフィクスプログラムChartの作成,筑波大学体育科学系紀要 10:269-296,1987.
  13. 牛山幸彦,小林 一敏,宮地 力:ランニング時における着地瞬間の足首および足部圧縮変位について,東京体育学研究 14:53-58,1987.
  14. 宮地 力,小林 一敏:ランニング中の着地衝撃の粘弾性モデルによるシミュレーション,筑波大学体育科学系紀要 11:253-263,1988.
  15. 牛山幸彦,小林 一敏,宮地 力:着地衝撃のシミュレーションからみたランニングについての一考察,日本バイオメカニクス学会編,第9回日本バイオメカニクス学会大会論文集,pp.327-333,1988.
  16. 宮地 力,小林一敏,牛山幸彦:水平方向の粘弾性的緩衝が着地衝撃におよぼす影響,日本バイオメカニクス学会編,第9回日本バイオメカニクス学会大会論文集'88,pp.334-338,1988.
  17. 土居陽治郎,小林一敏,宮地 力,牛山幸彦:長距離走における着地動作に関する研究,筑波大学体育科学系紀要 12:261-268,1989.
  18. 宮地 力,小林一敏:ランニング時の着地衝撃における人間系の予測について,日本バイオメカニクス学会編,第10 回日本バイオメカニクス学会大会論文集−ジャンプ研究,pp.121-124,1990.
  19. 細谷 聡,小林一敏,宮地 力:弓幹の多分節モデルによる静特性と動特性の研究,日本バイオメカニクス学会編,第10回日本バイオメカニクス学会大会論文集−バイオメカニクス研究,pp.140-145,1990.
  20. 宮地 力,小林一敏:ランニング時の着地衝撃のシミュレーション,日本機械学会第67期通常総会講演会論文集C,pp.42-44,1990.
  21. 細谷 聡,小林一敏,宮地 力:弓幹の多分節モデルによる静特性と動特性の研究,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1990講演論文集,pp.74-77,1990.
  22. 湯川治敏,小林一敏,宮地 力:拘束条件を有するリンクセグメントモデルによる関節運動のシミュレーション,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1990講演論文集,pp.82-84,1990.
  23. 宮地 力:着地衝撃のモデル化とシミュレーション,ロボティクス・メカトロニクス '92講演会講演論文集A,pp.11-14,1992.
  24. 仰木裕嗣, 宮地力, 小林一敏:急制動中の自転車に生じる振動波形の分析,日本機械学会1993年スポーツ工学シンポジウム講演論文集, pp34-37, 1993.
  25. 宮地 力:自由にプログラム可能な身体運動解析のための画像処理システム,機械力学・計測制御講演論文集-Design and Dynamics Conference '94,pp.107-110, 1994.
  26. 宮地 力,湯川治敏:剛体リンクモデルによる二次元自動デジタイズ,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1994講演論文集,pp.51-54,1994.
  27. 細谷 聡,宮地 力,小林一敏:和弓の復元のシミュレーション−リンクセグメントモデルによる2次元的分析,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1994講演論文集,pp.13-16,1994.
  28. 仰木祐嗣,宮地 力,小林一敏:自転車急制動のシミュレーション,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1994講演論文集,pp.55-59,1994.
  29. 湯川治敏,小林一敏,宮地 力:モデルからみたランニング着地衝撃のVariability,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1994講演論文集,pp.95-99,1994.
  30. 宮地 力:サッカーボールの追跡からみた予測のシステム,日本行動計量学会第22回大会発表論文抄録集,pp.56-57,1994.
  31. 仰木祐嗣,宮地 力:自転車の制動における人間の特性,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1995講演論文集,pp.38-41,1995.
  32. 宮地 力,湯川治敏,牧野京香:バレーボール臨界速度の計測,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1995講演論文集,pp.98-101,1995.
  33. 宮地 力:サッカーボールの追跡の軌跡から見た子供の予測システムの研究,日本バイオメカニクス学会編,第12回日本バイオメカニクス学会大会論文集「生体・運動のシステム−スポーツスキルの向上」,pp.56-60,1995.
  34. 細谷 聡,小林一敏,宮地 力:和弓の復元過程の力学的研究,日本バイオメカニクス学会編,第12回日本バイオメカニクス学会大会論文集「生体・運動のシステム−スポーツスキルの向上」,pp.72-76,1995.
  35. MIYAJI, C. and YUKAWA, H.: Automatic human movement analysis using QuickTime and MathLink program. Mathematics with Vision:Proceedings of the First International Mathematica Symposium, Computational Mechanics Pub., pp.103-110, 1995.
  36. 細谷 聡,宮地 力,小林一敏:和弓の復元のシミュレーション−リンクセグメントモデルによる2次元的分析−,スポーツ産業学研究,5(2):25-33,1995.
  37. 仰木祐嗣,宮地 力,小林一敏:自転車の急制動に関する研究,スポーツ産業学研究,5(2):35-44,1995.
  38. 牛山幸彦,小林一敏,湯川治敏,宮地 力:ランニング時の着地衝撃に関する身体のモデル化とシミュレーション,日本臨床バイオメカニクス学会誌,16:55-59,1995.
  39. 仰木裕嗣,宮地 力,岡田守彦:自転車の制動における乗員の操作パターンについて,機械力学・計測制御講演論文集-Design and Dymanics Conference '96,pp.512-515,1996.
  40. 仰木裕嗣,宮地 力,岡田守彦:両手操作時の自転車制動における乗員の操作パターンについて,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1996講演論文集,pp.22-26,1996.
  41. 仰木裕嗣,杢野隆直,山岸正克,宮地 力:世界一流空手家の突き技の衝撃力について,日本機械学会100周年記念スポーツ工学シンポジウム講演論文集,pp.122-126,1997.
  42. 仰木裕嗣,杢野隆直,山岸正克,宮地 力:加速度信号を用いた身体運動の分析方法に関する研究--第1報:格闘技種目の判別および突き技衝撃力の推定,日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1997講演論文集,pp.155-159,1997.
  43. 細谷 聡,岡田 守彦,宮地 力,大山 卞 圭悟:和弓の発射時における左前腕の筋活動の分析,第13回日本バイオメカニクス学会大会論文集「身体運動のバイオメカニクス」,pp.423-428,1997.
  44. Yuji OHGI, Chikara MIYAJI, Morihiko OKADA:Modeling of Rider's Braking Force Control in Bicycling by Neural Network with Time Delay Inputs., Proceedings of XVIth ISB Tokyo Congress 1997, pp227., 1997.
  45. MIYAJI, C., and KIMURA, H.: Writing a graphical user interface for Mathematica using Mathematica and MathLink, Innovation in Mathematics, Proceedings of the Second International Mathematica Symposium, Computational Mechanics Pub., pp.307-314, 1997. (IMS1997資料)
  46. KIMURA, H. and MIYAJI, C.: An implementation of Internet applications in Mathematica, Innovation in Mathematics, Proceedings of Second International Mathematica Symposium, Computational Mechanics Pub., pp.345-352, 1997.
  47. OHGI, Y., MIYAJI, C. and OKADA, M: Modeling of rider's braking force control in bicycling by neural network with time delay inputs, Proceedings of XVIth International Biomechanics Symposium, p.227, 1997.
  48. 細谷 聡,宮地 力,岡田守彦:和弓の弦の素材の違いが発射現象に及ぼす影響,日本機械学会論文集(C編),64(623):2411-2416, 1998.
  49. 仰木裕嗣, 市川浩, 宮地力:加速度信号を用いた身体運動の分析方法に関する研究〜第二報:水泳種目判別への応用, 日本機械学会スポーツ工学1998講演会論文集, pp213-217, 1998.
  50. OHGI, Y., MOKUNO, T., YAMAGISHI, M. and MIYAJI, C.: A methodology for analysing human movement patterns and performance using acceleration time series, The Engineering of Sport, Ed. Haake, J. S., pp.465-472,1998.
  51. IKEDA, T. and MIYAJI, C.: Propelling forces in swimmable humanoid robot, Proceedings of the 37th SICE Annual Conference, pp.859-862, 1998.
  52. IKEDA,T. and MIYAJI, C.: Swimmable Humanoid Robot, Proceedings of IECON '98, pp.1-9, 1998.
  53. 宮地 力:数式処理システム「Mathematica」にインタラクティブ機能を組み込む,京都大学数理解析研究所講究録1038,pp.198-204,1998.
  54. 下條仁士,白木 仁,宮永 豊,桑水流 学,宮地 力:ゴルフスイング時に上肢にかかる負荷について,臨床スポーツ医学,15(4):424-428,1998.
  55. MIYAJI, C.: Interactive Graphics Using MathLink, Proceedings of the Third International Mathematica Symposium, (in CD-ROM), 1999.
  56. KIMURA, H., MIYAJI, C. OHASHI, S. and YOSHIDA, K.: Mathematica as a Communication Enhancement Tool in the Classroom, Proceedings of the Third International Mathematica Symposium, (in CD-ROM), 1999.
  57. SATO, J., MIYAJI.,C. and Jankovski, M.: Interactive Photo Editor FrontEnd using MathLink, Proceedings of the Third International Mathematica Symposium, (in CD-ROM), 1999.
  58. YOSHIDA, K., OHASHI, S., KIMURA, H. and MIYAJI,C.:Teaching High School Mathematics over a Network with Mathematica, Proceedings of the Third International Mathematica Symposium, (in CD-ROM), 1999.
  59. Ohgi, Y., Ichikawa, H., Miyaji, C., Characteristics of the forearm acceleration in swimming. Biomechanics and Medicine in SwimmingVIII, Keskinen, K. L., Komi, P., V., Hollander A., P., Eds, pp77-82. 1999.
  60. Ichikawa, H., Ohgi, Y., Miyaji, C., Analysis stroke of the freestyle swimming using accelerometer, Biomechanics and Medicine in SwimmingVIII, Keskinen, K. L., Komi, P., V., Hollander A., P., Eds, pp159-164. 1999.
  61. 仰木裕嗣,安村通晃,宮地 力:身体加速度によるスポーツパフォーマンスの評価,ヒューマンインタフェースシンポジウム'99論文集,pp.621-628,1999.
  62. 仰木裕嗣, 市川浩,宮地力:加速度ICを用いた水泳のストローク技術 観察〜加速度情報を用いたコーチングの可能性〜:日本機械学会スポーツ工学 1999講演論文集, [No.99-41],pp159-163, 1999.
  63. 斎藤健治, 仰木裕嗣, 市川 浩, 宮地 力:手首で計測した投球時の加速度信号のパターン分類, 日本機械学会スポーツ工学1999講演論文集[No.99-41],pp154-158,1999.
  64. 斎藤健治,仰木裕嗣,市川 浩,足立和隆,宮地 力,高井省三: 速球とカーブの 投球におけるボールリリース前後の前腕運動の比較. 筑波大学体育科学系紀要, 23, pp63-71, 2000.
  65. 斎藤健治,仰木裕嗣,市川 浩,山岸正克,宮地 力,高井省三: 投球時に手首で 測定した加速度波形のパターン分類, いばらき健康・スポーツ科学19, pp13-26., 2000.
  66. 仰木裕嗣, 市川浩, 本間正信, 宮地力, 加速度センサを用いた平泳ぎ泳のストローク観察, 第21回バイオメカニズム学術講演会SOBIM2000講演予稿集, pp131-134., 2000.
  67. 市川 浩, 仰木裕嗣, 宮地力, 野村武男, 加速度計を用いた自由形泳の腕動作分析, 日本機械学会2000年スポーツ工学シンポジウム講演論文集, pp199-203., 2000.
  68. 斉藤健治,仰木裕嗣,市川 浩,井上伸一,松尾知之,足立和隆,宮地 力,高井省三:投球スピード漸増および球種の違いによる上腕筋活動の変化,筑波大学体育科学系紀要,24:79-88,2001
  69. Ohgi, Y., Yasumura, M., Ichikawa, H., Miyaji, C., Analysis of stroke technique using acceleration sensor IC in freestyle swimming, The Engineering of SPORT, A.J. Subic and S.J. Haake Eds.,pp503-511, 2000.
  70. Chikara Miyaji, Satishi Yamaguchi and Kiyotaka Sakamoto: AVSLink-- Connecting Mathematica and AVS/Express using MathLink, Proceegings of the fourth International Mathematica Symposium, pp361-368, 2001
  71. Chikara Miyaji: Tales of Interative Graphics, Proceegings of the fourth International Mathematica Symposium, pp117-124, 2001
  72. OHGI Yuji, KIMURA Hiroshi and MIYAJI Chikara: Mathgre--A MathLink Connection between PostgreSQL and Mathematica for Experimental Data Analysis and Storage, Proceegings of the fourth International Mathematica Symposium, pp393-400, 2001
  73. Fumihiro Ushitaki and Chikara Miyaji: Educational Applications using Interactive Graphics Package, Proceegings of the fourth International Mathematica Symposium, pp499-506, 2001
  74. Junzo Sato, Chikara Miyaji and Mariusz Jankowski, Photo Editor on Java, Proceegings of the fourth International Mathematica Symposium, pp443-449, 2001
  75. 細谷 聡,岡田守彦,宮地 力,大山圭吾:筋電図計測を利用した和弓の発射技術の分析,スポーツ産業学研究,12-1:21-20, 2002
  76. Maeda H., Okaucchi M. and Miyaji C : The transmission of impact and vibration from tennis racket to hand, The Engineering og Sports 4, Ujihashi S. and Haake S. J. Eds.,223-230, 2002
  77. Ichikawa H., Ohgi Y., Miyaji C and Nomura T. : Application of mathematical model of arm motion in front crawl swimming to kinematical analysis using accelerometer, The Engineering og Sports 4, Ujihashi S. and Haake S. J. Eds.,645-651, 2002
  78. Okaucchi M. Maeda H. and Miyaji C : A model of ball handling in overhand passing in volleyball, The Engineering og Sports 4, Ujihashi S. and Haake S. J. Eds.,730-736, 2002
  79. Minoura H., Kuwabara H. and Miyaji C : Silhouette--a remote coaching system using the outlines of a player, The Engineering og Sports 4, Ujihashi S. and Haake S. J. Eds.,654-659, 2002
  80. MIYAJI, C.: A WebMathematica Application for a Sports Records Database, Challenging The Boundaries of Symbolic Computation--Proce. of the 5th International Mathematica Symposium, pp405-411, 2003.
  81. Sato, J., Jankowski, M., KIM, K., MIYAJI, C., TAKADA, A. and YOSHIHARA, H.: Improved Java Photo Editor and Digital Image Processing, Challenging The Boundaries of Symbolic Computation--Proce. of the 5th International Mathematica Symposium, pp357-363, 2003.
  82. OHGI, Y., ICHIKAWA, H., HOMMA, M. and MIYAJI, C. : Stroke Phase Discrimination in Breaststroke Swimming Using a Tri-axial Acceleration Sensor Device, Sports Engineering, 6:113-123, 2003.
  83. MAEDA, H., OKAUCHI, M. and MIYAJI, C: A Study of Mechanical Characteristics of Tennis Racket's Grip, Sports Dynamics--Discovery and Application(Ed. Subic, A. and Trivailo, P. and Alam, F.), pp63-68, 2003
  84. OKAUCHI, M., MAEDA, H. and MIYAJI, C.:Simulation of impact between hands and ball in overhead passing, Sports Dynamics--Discovery and Application(Ed. Subic, A. and Trivailo, P. and Alam, F.), pp36-41, 2003

総説,解説,報告書など

  1. 武居孝男,東絛吉邦,大柴文枝,山片正昭,木塚泰弘,神田英治,宮地 力:視覚障害児・自閉児のための音源移動による空間知覚訓練装置の試作,国立特殊教育総合研究所昭和58年度教材教具の試作研究成果報告書, pp.1-5,1983.
  2. 宮地 力,小林一敏:画像分析による速さの測定,Jpn. J. Sports Sci. 3:666-674,1984.
  3. 小林一敏,前田 寛,宮地 力,:スポ−ツ力学からみたテニスコ−トの特性,体育施設13(3):14-21,1984.
  4. 宮地 力:OS-9用通信プログラムTerm09,インフォメ−ション 4(8):67-73,1985.
  5. 宮地 力:OS-9用ディレクトリリスティングコマンド,インフォメ−ション 4(9):69-75,1985.
  6. 宮地 力,小林一敏:スケ−トシュ−ズ選びの科学,健康と体力17(1):70-71,1985.
  7. 宮地 力,小林一敏:バット選びの科学,健康と体力17(3):88-89,1985.
  8. 宮地 力,小林一敏:スポ−ツ力学からみたテニスコ−トの特性,ベ−ス設計資料,2(4):104-110,1985.
  9. 小林一敏,宮地 力:全天候型テニスコートとクレーコートでの身体衝撃の比較,臨床スポーツ医学 3:117-120,1986.
  10. 宮地 力:変位から速度・加速度を求めるフィルタ−とそのコンピュ−タ処理の実際,Jpn. J. Sports Sci. 6:191-197,1987.
  11. 宮地 力,小林一敏:身体・シューズ系での着地衝撃のシミュレーション,靴の医学 2:70-71,1988.
  12. 小林 一敏,宮地 力,:モデリングとシミュレ−ション,Jpn. J. Sports Sci. 8:328-333,1989.
  13. 宮地 力:シューズ・人間系のシミュレーション,Jpn. J. Sports Sci. 8:591-598,1989
  14. 宮地 力:体育館の衝撃,女子体育 32(3):42-44,1990.
  15. 宮地 力:スポーツバイオメカニクスにおける運動のモデル化の新しい視点,筑波大学体育科学系紀要 13:245-250,1990.
  16. 宮地 力:ランニング時の着地衝撃とシミュレーション,バイオメカニズム学会誌 14:73-77,1990.
  17. 小林一敏,阿江通良,宮地 力:バイオメカニクスとスポーツ技能トレーニング,日本体育協会C級教師教本,日本体育協会,東京,pp.327-344,1990.
  18. 宮地 力:スポーツ動作におけるシミュレーション,第1回身体運動のコンピュータシミュレーション最先端講演会資料,(編)日本バイオメカニズム学会,pp.35-47,1991.
  19. 宮地 力:着地衝撃における計測とシミュレーション,計測と制御 31:425-429, 1992.
  20. MIYAJI, C.:Sports Biomechanics and Computer Analysis,An integrate computer environment for sports biomechanics using Mathematica, Proceedings of Pacific University Conference '92, pp.44-45, 1992.
  21. 宮地 力:スポーツバイオメカニクスとMathematica,Mathematica コンファレンス TOKYO 予稿集, pp.85-89,1992.
  22. 宮地 力:知的情報処理をベースとした運動のシミュレーション(課題番号046804),平成4,5年度文部省科学研究費一般研究(C)研究成果報告書,pp.1-31, 1994.
  23. 宮地 力:体育科学系学群での教育情報処理(課題番号04451134),平成5年度文部省科学研究費一般研究(B)研究成果報告書,pp.121-129, 1994.
  24. 宮地 力:電子メールの利用---Eudoraを中心に,医療情報学,14(3):105-113,1994.
  25. 宮地 力:インターネット利用のためのアプリケーション(Macintosh),医療情報学,14(3):175-184,1994.
  26. 宮地 力:MathLinkによるQuickTime画像処理プログラム作成の経験,Mathematicaユーザ会第2回ワークショップ講演予稿集,pp.108-117,1994.
  27. 宮地 力:研究の最前線から--ランニングの時に身体が受ける力,大学への数学,1:68-69,1997. (研究の最前線から)
  28. 池田剛一,宮地 力,仰木裕嗣:バタフライロボットの製作,水泳・水中運動研究,1 :6, 1997.
  29. 宮地 力:「ITとスポーツ・体育を考える」,筑波フーラム,58:65-68,2001 (ITとスポーツ・体育を考える)
  30. 宮地 力:「スポーツを科学する」,科学,Vol. 71 No.8, 1121-1124, 2001 (スポーツを科学する)
  31. 宮地 力:インターネットの機能拡張とスポーツイベント,日本スポーツ産業学会第9回学会大会報告書,70-76, 2001

口頭発表(共同研究も含む)

  • 1977-1980
  1. 宮地 力,小林一敏:身体部分の加速度からみた着地動作の分析,日本体育学会第28回大会,1977.
  2. 高森秀蔵,青井水月,坂田勇夫,本間 崇,宮地 力,山下和彦:体育授業における不安状況の解析,日本体育学会第30回大会,1979.
  3. 宮地 力,今井三郎,江口篤寿,寄金義紀,松田義幸,吉田京子:正課体育のカリキュラム編成体制とその具体的教育方法の改善に関する研究−第3報−3.体力運動能力データの検索プログラムの開発研究,日本体育学会第31回大会,1980.
  • 1981
  1. 宮地 力,阿部一佳,小林一敏,浅井 武:バドミントン授業における技術の指導法について−ラケットにかかる力の位相を利用して,日本体育学会第32回大会,1981.
  2. 青田 雅樹,小林一敏,宮地 力:走運動における腰のねじれに関する力学的考察,日本体育学会第32回大会,1981.
  3. 勝本 真,小林一敏,宮地 力,佐藤 明:「伸びるサーブと「落ちるサーブ」の違いに関する力学的考察,日本体育学会第32回大会,1981.
  • 1982
  1. 宮地 力,小林一敏:音響誘導による視覚障害者の歩行・走行の制御,日本体育学会第33回大会,1982.
  2. 佐藤 明,小林一敏,前田 寛,宮地 力:テニスコートにおけるボールのはねかえるについての力学的研究,日本体育学会第33回大会,1982.
  3. 加賀 勝,小林一敏,前田 寛,宮地 力:矢の貫徹力の研究,日本体育学会第33回大会,1982.
  4. 宮地 力,小林一敏,前田 寛,佐藤 明:テニスコートとボールの衝突に関する力学的一考察,日本体育学会第34回大会,1982.
  5. 1984
  6. 宮地 力,小林一敏,前田 寛:画像分析における位相ずれに関する検討,日本体育学会第35回大会,1984.
  7. 加賀 勝,小林一敏,宮地 力,松井敦典,中村寧孝:水球におけるバウンズ・シュートのボールの動きについての力学的研究,日本体育学会第35回大会,1984.
  8. 末吉靖宏,小林一敏,宮地 力,飯本雄二:助走を伴う跳躍踏切動作の力学的研究,日本体育学会第35回大会,1984.
  • 1985
  1. 宮地 力,小林一敏:関節中心についての力学的検討,日本体育学会第36回大会,1985.
  • 1986
  1. 宮地 力,山川岩之助,小林一敏:テニスコートの着地衝撃に関する一考察,日本体育学会第37回大会,1986.
  2. 牛山幸彦,小林一敏,宮地 力:Jogging走における着地衝撃に関する一考察,日本体育学会第37回大会,1986.
  • 1987
  1. 鈴木健治,小林一敏,宮地 力:アルペンスキーにおけるジャンプのシミュレーション,日本体育学会第38回大会,1987.
  2. 宮地 力,小林一敏,牛山幸彦:身体と緩衝材の直列モデルによる着地衝撃のシミュレーション,日本体育学会第38回大会,1987.
  3. 牛山幸彦,小林一敏,宮地 力:ランニングにおける着地衝撃のシミュレーション,日本体育学会第38回大会,1987.
  • 1988
  1. 宮地 力:着地衝撃のシミュレーションにおける係数決定法に関する一考察,日本体育学会第39回大会,1988.
  • 1989
  1. 宮地 力:バイオメカニクスの未来を展望する−−運動の知的制御のモデル化とシミュレーション,日本体育学会第40回大会,1989.
  2. 宮地 力,小林一敏:粘弾性モデルによる人間とシューズ・フロアー系の着地衝撃のシミュレーション,日本体育学会第40回大会,1989.
  3. 細谷 聡,小林一敏,宮地 力:和弓における弓幹の曲げ剛性に関する研究,日本体育学会第40回大会,1989.
  4. 土居陽治郎,小林一敏,宮地 力:連続ジャンプにおける粘弾性モデルとシミュレーション,日本体育学会第40回大会,1989.
  • 1990
  1. 宮地 力,土居陽治郎,小林一敏,木村 広,湯川治敏:動作要素にもとづく運動のシミュレーション,日本体育学会第41回大会,1990.
  2. 井上伸一,小林一敏,宮地 力,湯川治敏:クラブの特性がゴルフスィングに及ぼす影響について(コンピュータシミュレーションを用いて),日本体育学会第41回大会,1990.
  3. 柴田 薫,小林一敏,宮地 力,土居陽治郎:着地衝撃の粘弾性モデルによるシミュレーション,日本体育学会第41回大会,1990.
  4. 細谷 聡,小林一敏,宮地 力:和弓における弓幹の運動エネルギー算出の試み,日本体育学会第41回大会,1990.
  5. 湯川治敏,小林一敏,宮地 力:人体の蝶番関節を模擬した2重振り子のシミュレーション,日本体育学会第41回大会,1990.
  6. 宮地 力:スポーツ教育支援装置の発展,スポーツ教育学会国際集会,1990.
  • 1991
  1. 宮地 力:バイオメカニクスと運動学習,第1回運動学習研究会,1991.
  • 1992
  1. 宮地 力:運動のシミュレーションにおけるトルクの生成.日本バイオメカニクス学会第11回大会,1992.
  2. Chikara MIYAJI:Sports Biomechanics and Computer Analysis, an integrate computer environment for sports biomechanics using Mathematica, Pacific University Conference '92,1992.
  3. 宮地 力:スポーツバイオメカニクスとMathematica,Mathematica Conference TOKYO,1992.
  • 1993
  1. 宮地 力:Mathematicaを使って人間のスポーツ運動を調べる,Mathematica ワークショップ TOKYO 1993,1993.
  • 1994
  1. 宮地 力:Mathematicaをスポーツバイオメカニクスに応用する.Mathematica Day ,筑波,1994.1
  2. Chikara MIYAJI, MovieDigitizer--MathLink for Automatic Digitizing of QuickTime Movies. Mathematica Developer's Conference '94, University of Illinois, Urbana-Champaign, Illinois, USA, 1994.4
  3. 宮地 力:サッカーボールの追跡の軌跡から見た子供の予測システムの研究.日本バイオメカニクス学会第12回大会,東京,1994.5
  4. 宮地 力:サッカーボールの追跡からみた予測のシステム.日本行動計量学会第22回大会, 筑波,1994.8
  5. 大田 憲,宮地 力,小林一敏:複数または1台のカメラによる3次元画像分析法.日本体育学会第45回大会号,p336,1994
  6. 仰木祐嗣,宮地 力,小林一敏:カメラを用いた自転車姿勢角の算出.日本体育学会第45回大会号,p337,1994
  7. 浅井 武,小林一敏,宮地 力:ボールの動特性に関する基礎研究.日本体育学会第45回大会号,p339,1994
  8. 宮地 力,下永田修治:自分でつくる自動ビデオデジタイズシステム.日本体育学会第45回大会号,p342,1994
  9. 細谷 聡,宮地 力,小林一敏,岡田守彦:リンクセグメントモデルによる和弓の曲げ復元過程のシミュレーション.日本体育学会第45回大会号,p343,1994
  10. 岩村研志,宮地 力,長谷川聖修,伊藤忠一,香田泰子:先天盲の学生のラート運動.日本体育学会第45回大会号,p542,1994
  11. 宮地 力,湯川治敏:剛体リンクモデルによる二次元自動デジタイズ.日本機械学会スポーツ工学シンポジウム1994,川崎,1994.11
  12. 宮地 力:MathLinkによるQuickTime画像処理プログラム作成の経験.Mathematicaユーザ会第2会ワークショップ,東京,1994.12
  • 1995
  1. Chikara MIYAJI: Automatic human movement analysis using QuickTime and MathLink program., 1st International Mathematica Symposium, Southampton, UK, 1995
  2. 宮地 力,湯川治敏:モデル・ベースデジタイズとその応用.日本体育学会第46回大会号,p368,1995
  3. 中川拓也, 宮地 力, 仰木裕嗣:クロール泳におけるタイミングに関するバイオメカニクス的研究, 46回大会号日本体育学会抄録集, 1995.10.
  • 1996
  • 1997
  1. 宮地 力:Mathematicaでグラフィカルユーザインターフェイスを作る,第1回Mathematicaユーザ会例会,東京電機大学,3/12,1997
  2. Chikara MIYAJI: Writing Graphical User Interface for Mathematica by Mathematica, Tsukuba Software Science Seminar, 筑波大学,3/28,1997
  3. 宮地 力:Swimming Robot,国立釜山大学招待講演,韓国国立釜山大学,4/12,1997
  4. Chikara MIYAJI: Realtime Graphics in Mathematica using MathLink, Computing Seminar, CERN(European Organization for Nuclear Research. , Geneva, Swiss,6/25,1997
  5. Chikara MIYAJI: Writing Graphical User Interface for Mathematica by Mathematica, 2nd International Mathematica Symposium, Rovaniemi, Finland,7/3,1997
  6. Chikara MIYAJI: Introduction to MathLink, Post Conference Tutorials, 2nd International Mathematica Symposium, Rovaniemi, Finland,7/5,1997
  7. Chikara MIYAJI: Writing Graphical User Interface for Mathematica, Special Seminar, Research Institute of Symbolic Computation, RISC, Austria,7/14,1997
  8. 宮地 力:数式処理システム「Mathematica」にインタラクティブ機能を組み込む,研究集会・数式処理における理論と応用の研究,京都大学数理解析研究所,11/19,1997
  • 1998
  1. Chikara Miyaji: Realtime Interaction using MathLink, International Mathematica Conference, 1998.6. Chicago, USA
  2. 宮地 力: Network programming for Education, ATCM 1998.8, Tsukuba, JAPAN. Chikara Miyaji:Using Mathematica for Sports Biomechanics Research, Physics Seminar, University Western Australia, 1998.11, Perth, Australia
  • 1999
  1. Chikara MIYAJI: Interactive Graphics using MathLink, Third International Mathematica Symposium, RISC, Austlia, 8/25, 1999.
  2. Chikara MIYAJI: Theorema Workshop for Interactive Graphics, RISC, Austlia, 9/29, 1999.
  3. Chikara MIYAJI: MathLink: Network Programming using Mathematica, Mathematica Developers Conference, Champaign, USA, 10/22, 1999.
  4. 市川 浩, 仰木裕嗣,本間正信, 宮地力, 野村武男,加速度計を用いた自由形泳の腕 動作分析, 日本体育学会第50回記念大会, 1999.10.
  • 2000
  1. 宮地 力:MedXML SIG報告-スポーツ科学情報,SeaGaiaミィーティング 2000, 宮崎,2000.5.19
  2. 宮地 力:マルチメディアを用いた学習教材の開発構想,全国大学体育連合ワークショップ,東京,2000.6.18
  3. 宮地 力:インターネットの機能拡張とスポーツイベント,スポーツ産業学会シンポジウム,つくば,2000.7.24
  4. 宮地 力:スポーツデータの標準化と共有化,九州体育学会専門分科会シンポジウム,熊本,2000.9.3
  5. 宮地 力:データサイエンスシンポジウム--スポーツデータ,慶応大学データサイエンスシンポジウム,東京,2000.9.9
  • 2001
  1. MIYAJI, C: Tales of Interactive Graphics, Fourth International Mathematica Symposium, 千葉,2001.6.25
  2. USHITAKI Fumio and MIYAJI, C: Educational Applications using Interactive Graphics Package, Fourth International Mathematica Symposium, 千葉,2001.6.25
  3. MIYAJI, C: AVSLink--Connecting Mathematica and AVS/Express using MathLink, Fourth International Mathematica Symposium, 千葉,2001.6.25
  4. OHGI, U, KIMURA, H and MIYAJI, C: Mathgress--A MAthLink Connection between PostgreAQL and Mathematica for Experimental Data Analysis and Storage, Fourth International Mathematica Symposium, 千葉,2001.6.25
  5. SATO, J, MIYAJI, C. and JANKOWSKI, M: Photo Editor on Java, Fourth International Mathematica Symposium, 千葉,2001.6.25
  6. 宮地 力:AVSLink--Connection between AVS and Mathematica, 第7回ビジュアリゼーションカンファレンス,東京,2001.10.26
  7. 宮地 力:JISSのスポーツ情報について,冬期スポーツ研究会,東京,2001.11.11
  • 2002
  1. 宮地 力:Mathematicaでオブジェクト指向プログラムをつくる,JMUGワークショップ,東京,2002.3.31
  2. 市川 浩,仰木裕嗣,宮地 力,野村武男:腕動作モデルを応用した加速度計によるクロール泳の腕動作の推定,日本体育学会第53回大会発表,2002
  • 2003
  1. Chikara MIYAJI:A webMathematica Application for Sports Record Database, ロンドン,2003.7.8
  2. 重永貴博,江崎修央,宮地 力:バレーボールのリアルタイムゲーム分析システムの開発,日本体育学会第54回大会号,p546, 2003.
  3. 廣津信義,宮地 力:ドリームチームのラインアップ選定のための数理的一手法--長嶋日本代表監督への一提言,日本体育学会第54回大会号,p558, 2003.
  • 2004
  1. 宮地 力:SportsSIGの現状,Seagaia Meeting in Kyoto: Programmer's Camp, 京都,2004.5.27
  2. 宮地 力:ストリーミング映像のデータフォーマットについて,日本体育学会第55回大会発表予定,2004(55回体育学会発表原稿)
  3. 清水 潤,宮地 力,伊藤浩志:記録データベースの開発事例,日本体育学会第55回大会発表予定,2004
  4. 廣津信義,宮地 力:Jリーグチームの評価と勝敗予測のための数理的一手法.日本体育学会第55回大会発表予定,2004

このページの著作権は,すべて宮地 力に所属します.
もし,内容を利用される場合は,宮地までメールにて,ご連絡ください.
また,このページへのリンクは,フリーです.