Tsukuba Scientific Standard Version 3  

4SF

§6.1.  4thスーツF

が2スーツをビッドした (mf18)後での, からの唯一のフォーシング手段    da(旧版¶3.4
1.1-1-1♠-2

4thスーツ2  F1  G誘い 4SF  そのスーツの強さも長さも保証しない.

O3:
1-1-1♠-2  の後の答え方(記号E表3)

@   2        3枚サポート   有り

A   3          〃 〃            有り

B   2NT         〃 〃            無し d

C   3NT       〃 〃            無し d

D   3 レイズ[*] 4枚サポート

z 1-1-1-1♠ FNTの順で優先

2.1-1-1♠-3
Jして4thスーツ FG  SPL


表3. 最低オープンと普通オープン

オープン区分

HCP

 最低

1214-

 普通

14+


SI注. 4SF の強さの下限は一応9+だと考えられるが,それで機械的にビッドするかどうかは,どの程度出来目の少ないゲームに行くかによって異なる.の場合には,レスポンダーの最初のMが2枚でも3枚でもゲームにいってしまうのだから,慎重を期す人は古典的に11〜12. 多くの人は10〜12-を目安にされることになろう.ただし後者の場合,この状況に際しては9+とは余程都合が良い9 HCPだと考えるのであれば,システムとしては9+〜12-mf)と定義しても良いことになる.
 いいかえれば+-すなわち絵札の配置の良し悪しは,ビッドの場面によって異なるということになる.同様な問題はNmF についても有るが,同じ 9+〜12-mf)でもSPLの場合には,ゲームの出来目が50%以上有ることが保証されるから,それであればゲームをビッドする立場の人にとっては問題が無い.
 

 


[*] 「フォース・スーツ(は)フォー・カード・レイズ」と記憶するとよい(SI).

\サイト・トップ        Gページトップ      Fつぎのページ(無ければサイト・トップ)   GEF