Tsukuba Scientific Standard Version 3  

§1 
記号その他

z      M. ハーディのシステム(文献別項)の注目点や例.

X     同上の基本だが,将来オプションとしての導入を考慮.

E     同上と違う20世紀的な扱いを維持.
d       未定義または暫定的に採用

 O         オープナーまたはオープン(又そのスーツ

O2, O3, O4    リビッド3,4度目のビッド(〃 〃

 R    レスポンダーまたはレスポンス(〃 〃)

R2, R3, R4  リビッド3,4度目のビッド(〃 〃)

ビッドにアンダーライン R3, R4

M     メジャー・スーツ

m     マイナー・スーツ

!    妨害         

d       ストッパー      

I     妨害者

A    アドバンサー (妨害者のパートナー)     

K パスした手

P     スラム誘い

   新スーツ

[注] 
1. はハードコピー版では囲み文字だったが,現在使用中のHPエディターとの相性が悪いので,ここでは囲み文字にできない.明朝とゴチの違いは囲み文字のときに区別を見やすくしたときの名残.
2. ハードコピー版の脚注は,自動的にリンクになっているため,[ ]にアンダーラインがついて表示される.クリックすればそこにジャンプする.逆に,脚注のほうでクリックすると,本文の該当位置にジャンプする.


 

\サイト・トップ   FGE Gぺージトップ FGE Fつぎのページ(無ければサイト・トップ) FGE