おいたち WHEN WE WERE BORN ...

 今から約30年前、大学の学園祭に出るために結成した「酔いどれ」というバンドがありました.そこのボーカルだった石田とドラムを担当していた私が,巡り巡って2001年に同じ職場の勤務になり、翌年、活動を再開することになりました。バンド名を「酔いどれバンド」にした理由は、二人とも覚えていませんが、わたし達が崇拝するボブ・ディランと活動をともにしていた「The Band」を意識したことは確かです。

 初代「酔いどれ」が結成される少し前の話です.わたし達が高校生だった時代は大学の学園紛争のまっただ中で,近くの立命館大学が燃えていたことを覚えています。あの時代は音楽が身近にあり,岡林信康・友部正人・高田渡・高石ともやなんかをよく聞きました。ヒッピームーブメントにも憧れ、高校生でありながら長髪で高校に通っていました。音楽がアナログで、インパクトのあった時代だと思います。

 最近の「酔いどれバンド」は,職場柄、若いポスドクや外国人留学生がメンバーとして加わってくれましたが、彼らの出入りは激しく、安定したバンドとはいえませんでした。2003年になり,ようやく音楽好きの研究者でメンバーが固まり、現在の構成になったのは2005年の4月です。結成当時は手持ちの楽器も充分ではなく、二人で演奏することもありましたが,今では8人編成の大所帯となりました。

(タクちゃんの談話)